検索
  • union2000seinen

3月13日(土)・14日(日)「新型コロナ休業支援金労働相談ホットライン」を開催します!

2021年2月26日、大企業非正規労働者への休業支援金申請も始まり、パートやアルバイトなどシフト制で働く多くの非正規雇用の方が対象となりました。  しかし、制度自体の周知が進んでおらず、また、制度を知っているけど申請方法が分からないといった相談や、自身が対象になるか分からないなどの相談が寄せられています。 そこで、首都圏青年ユニオンおよび飲食店ユニオンでは、休業支援金の活用・申請について支援することで休業支援金利用を広げていくため、3月13日10時~17時と3月14日10時~17時に「新型コロナ休業支援金労働相談ホットライン」を開催します。  「そもそも休業支援金って何?」という問い合わせや、「会社から休業手当が支払われていないけど対象になるのか?」などの相談にもお答えします。また、シフトが減らされてしまった方や、勤務時間が減って給与減になった方なども対象になる可能性がありますので、ぜひご相談ください。  ユニオンではこの間、休業支援金の相談を受け付け、申請のサポートをしてきました。 申請方法が分からない方に申請方法を案内し受給できた事例や、企業との交渉によって円滑な休業支援金利用を実現した事例が複数あります。また過去に一度不支給決定を受けた方でも、ユニオンがサポートし支給に至ったケースもあります。  ぜひお気軽にご相談ください。相談料は無料、秘密厳守です。 【新型コロナ休業支援金労働相談ホットライン】 日時:3月13日(土)10:00~17:00、3月14日(日)10:00~17:00 電話番号:03-5395-5359 主催:首都圏青年ユニオン・飲食店ユニオン *相談無料・秘密厳守

32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

出前館のデリバリーアルバイトが不当なシフトカットを受けた問題について団体交渉申し入れシフト労働者の不安定さと立場の弱さが浮き彫りに

コロナウイルスの感染が広がる中、飲食のデリバリー需要が急拡大しています。そんな中、業界大手の出前館で働くデリバリーアルバイトが不当なシフトカットを受ける問題が発生し、飲食店ユニオンはシフトカット分の補償と不安定な労働時間契約の是正を求め、団体交渉を申し入れました。 不足現金50円の補填拒否でシフトカット!!? Hさんはアルバイトを複数掛け持ちしながら働く非正規労働者です。コロナ禍で仕事がなくなる中

飲食店ユニオンで交渉すれば失業手当を受給できる!!

失業すると受け取ることができる雇用保険の失業手当ですが、離職理由を「自己都合退職」と判断されてしまうと2ヶ月間の「給付制限期間」が課され、その間失業手当を受給することができません。離職理由の判断は、会社が発行する「離職票」にどのような記載がされているかによってまずなされるため、この離職票に会社がどのような記載をするかが非常に重要です。 ◆会社都合退職とさせることで円滑な失業手当の受給を 某飲食店で

1月9日(土)・1月10日(日)、新型コロナウイルス関連労働相談ホットラインを開催します!

外出自粛要請の影響により、飲食店の経営困難が深刻化し、シフトカットや解雇・雇い止めが広がっています。飲食店ユニオンにも、「シフトがカットされたが補償がなされず収入が大幅に減少している」、「店舗閉鎖に伴い解雇されそう」などという労働相談が相次いでいます。また、今週中には緊急事態宣言が出される可能性もあり、今後飲食店労働者の困難はますます広がっていくと思われます。 そこで飲食店ユニオンは、1月9日13