検索
  • union2000seinen

1月9日(土)・1月10日(日)、新型コロナウイルス関連労働相談ホットラインを開催します!


 外出自粛要請の影響により、飲食店の経営困難が深刻化し、シフトカットや解雇・雇い止めが広がっています。飲食店ユニオンにも、「シフトがカットされたが補償がなされず収入が大幅に減少している」、「店舗閉鎖に伴い解雇されそう」などという労働相談が相次いでいます。また、今週中には緊急事態宣言が出される可能性もあり、今後飲食店労働者の困難はますます広がっていくと思われます。

 そこで飲食店ユニオンは、1月9日13:00~17:00と1月10日13:00~17:00に「飲食店で働く方々のための新型コロナウイルス関連労働相談ホットライン」を開催することとしました。

 飲食店ユニオンは、これまで新型コロナウイルス関連の交渉を30を超える企業と行ってきました。交渉の結果、「削減されたシフト分の補償を満額支給させる」、「解雇・雇い止めを撤回させる」といった成果をあげてきました。また休業支援金の申請手続きや雇用保険の失業手当の受給方法についての支援もしています。

 「ユニオンに入って交渉したい」という方から、「ユニオンに入るまでではないけど、法律や制度について聞きたい」という方まで、是非お気軽にご相談ください。相談料は無料、秘密厳守です。


【飲食店で働く方々のための労働相談ホットライン】

日時:1月9日(土)13:00~17:00、1月10日(日)13:00~17:00

電話番号:03-5395-5359 

主催:飲食店ユニオン

*相談無料、秘密厳守


176回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

飲食店ユニオンで交渉すれば失業手当を受給できる!!

失業すると受け取ることができる雇用保険の失業手当ですが、離職理由を「自己都合退職」と判断されてしまうと2ヶ月間の「給付制限期間」が課され、その間失業手当を受給することができません。離職理由の判断は、会社が発行する「離職票」にどのような記載がされているかによってまずなされるため、この離職票に会社がどのような記載をするかが非常に重要です。 ◆会社都合退職とさせることで円滑な失業手当の受給を 某飲食店で

新型コロナ禍で解雇されたカフェ店員、解雇撤回を勝ち取る!

◆カフェ店員、解雇撤回・復職を勝ち取る とあるカフェ・チェーンで働いていたアルバイトAさんは、4月から店舗休業でシフトに一切入れなくなり、その後5月末に解雇されました。また4月の休業については休業手当として1日2000円ちょっとが支払われましたが、5月分の休業手当は一切支払われませんでした。休業手当の支払いを求めても、「支払い義務はない」として支払われませんでした。 大きな生活不安を感じたAさんは

カフェ・ベローチェ従業員、緊急事態宣言期間中の過重・危険労働に対して1時間当たり300円の特別手当の支払い求める

カフェ・ベローチェの従業員は、緊急事態宣言期間中、自粛ムードのなか利用客が減らず満席が続く店内のなかで感染リスクにさらされていました。また利用客が減らないにもかかわらず人員削減されることで過重労働を強いられていました。 飲食店ユニオンは、カフェ・ベローチェを経営するシャノアール株式会社に対して、緊急事態宣言期間中の労働時間1時間当たり300円の特別手当を店舗従業員に支給するよう求めています。 ◆感

飲食店ユニオン

ADDRESS

〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-33-10

      東京労働会館5F 公共一般労組内

ribiyou@seinen-u.org

TEL / 03-5395-5359

         03-5395-5255 (公共一般内)
FAX / 03-5395-5139

 

カンパのお願い

​飲食店で働く方々の労働環境の改善の支援のため、カンパをよろしくお願いいたします。

Contact

いつでもご相談ください。留守の際は、留守電にお名前と連絡先を入れてください。折り返し連絡します。

労働相談

労働相談の場合は、

こちらのフォームもお使いください。

FIND​ US
  • Twitter

・JR山手線「大塚」駅 南口徒歩 5分
・都電荒川線「大塚駅前」 南口徒歩5分
・地下鉄丸ノ内線「新大塚」駅 北へ徒歩8分

© 飲食店ユニオン all rights reserved.