検索
  • union2000seinen

新型コロナ禍で解雇されたカフェ店員、解雇撤回を勝ち取る!

◆カフェ店員、解雇撤回・復職を勝ち取る

 とあるカフェ・チェーンで働いていたアルバイトAさんは、4月から店舗休業でシフトに一切入れなくなり、その後5月末に解雇されました。また4月の休業については休業手当として1日2000円ちょっとが支払われましたが、5月分の休業手当は一切支払われませんでした。休業手当の支払いを求めても、「支払い義務はない」として支払われませんでした。

大きな生活不安を感じたAさんは、飲食店ユニオンに相談した後に加入し、解雇撤回と休業手当の支払いを求めて団体交渉しました。その結果、解雇撤回・復職と、復職までの期間についての通常給与全額の休業手当(1日約6500円)を勝ち取りました。現在、復職にあたっての細かな条件について交渉しているところです。


◆解雇・雇い止めの相談急増

 新型コロナの影響が長く続き、最近になって解雇・雇い止めの相談が増え始めています。労働者が何も言わなければ、企業は安易に解雇・雇い止めを行いコストカットをはかるでしょう。ユニオンを使えば、安易な解雇・雇い止めの撤回を求めて交渉し、場合によってはその撤回を勝ち取ることも可能です。富士そばで働くアルバイトも、退職の危機に見舞われましたが、ユニオンの交渉によって雇用維持を勝ち取りました。

「企業も大変だし仕方がない」そう思う前に、一度ご相談いただければと思います。

207回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

出前館のデリバリーアルバイトが不当なシフトカットを受けた問題について団体交渉申し入れシフト労働者の不安定さと立場の弱さが浮き彫りに

コロナウイルスの感染が広がる中、飲食のデリバリー需要が急拡大しています。そんな中、業界大手の出前館で働くデリバリーアルバイトが不当なシフトカットを受ける問題が発生し、飲食店ユニオンはシフトカット分の補償と不安定な労働時間契約の是正を求め、団体交渉を申し入れました。 不足現金50円の補填拒否でシフトカット!!? Hさんはアルバイトを複数掛け持ちしながら働く非正規労働者です。コロナ禍で仕事がなくなる中

飲食店ユニオンで交渉すれば失業手当を受給できる!!

失業すると受け取ることができる雇用保険の失業手当ですが、離職理由を「自己都合退職」と判断されてしまうと2ヶ月間の「給付制限期間」が課され、その間失業手当を受給することができません。離職理由の判断は、会社が発行する「離職票」にどのような記載がされているかによってまずなされるため、この離職票に会社がどのような記載をするかが非常に重要です。 ◆会社都合退職とさせることで円滑な失業手当の受給を 某飲食店で