検索
  • union2000seinen

出前館のデリバリーアルバイトが不当なシフトカットを受けた問題について団体交渉申し入れシフト労働者の不安定さと立場の弱さが浮き彫りに


 コロナウイルスの感染が広がる中、飲食のデリバリー需要が急拡大しています。そんな中、業界大手の出前館で働くデリバリーアルバイトが不当なシフトカットを受ける問題が発生し、飲食店ユニオンはシフトカット分の補償と不安定な労働時間契約の是正を求め、団体交渉を申し入れました。


不足現金50円の補填拒否でシフトカット!!?


Hさんはアルバイトを複数掛け持ちしながら働く非正規労働者です。コロナ禍で仕事がなくなる中、Hさんは昨年10月から出前館でデリバリーアルバイトとして働き始めました。面接では週3日〜4日ほどの勤務するということになりました。

 10月には7日間シフトに入り、11月に入るとさらにシフトは増え10日間勤務しました。しかし、11月の半ばにHさんが釣り銭用の現金が50円不足しているという事態が起きました。すると社員から不足分を自腹で補填するようにとHさんは指示をされました。不足についてはアルバイトが補填するのが「ハウスルール」だと説明されたのでした。

 レジ金の違算金など、業務上発生し得るリスクについて業務上の経費であるとして、労働者ではなく事業主が負担すべきというのが裁判判例などの定説です。故意に損害を与えていない限り、アルバイトに損害賠償責任は発生しません。

 このことを知っていたHさんは現金の不足分50円の自腹補填を拒否しました。すると、翌月からシフトが大幅に減ってしまいました。11月には10日間勤務していましたが、12月には、わずか4日間に減り、1月はシフトがゼロでした。

 あまりにも不自然なシフトの減り方であり、自腹補填の拒否が影響したものと思われます。(追記:会社の主張では、シフト提出時間が原則通りのもの出なかったことや、シフトの提出期限に間に合わなかったため、シフトが入っていないとのこと)


「シフトによる」という労働契約の危険性


Hさんの労働契約書(労働条件通知書)をみると、所定の労働時間については「11時〜21時のうち8時間以内(シフト勤務表による)」とのみ記載されています。この「シフト勤務表による」という箇所がミソです。このような書き方にすることで、労働時間が固定されず、毎月変動してしまう、あるいは変動させられてしまうのです。これがシフト労働者が不安定な働き方と言われる実態です。結局、使用者側の都合や思惑で労働時間が自由に操作されてしまいます。

 そして、今回のHさんのように、自腹補填を拒否したら、シフトを減らされてしまう事態に繋がるかもしれないと。社員や上司に文句を言おうものなら、シフトが減らされてしまうかもしれない、そうすると収入も減り、生活ができなくなるかもしれない。シフト労働者は、このような恐怖や躊躇いの中、不当な指示や労働条件についてもなかなか声を上げることができません。


シフト減に対する補償と契約書の労働時間の確定を求めて


 今回の団体交渉ではシフト減に対して、本来なら働けていた労働時間についての賃金補償を求めています。また、契約書についても「シフトによる」となっている点を面接の際に話していた「週3日〜4日」と明記するように求めています。

 出前館との交渉を通して、シフト労働者の不安定な状態を改善していきたいと考えています。

115回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

飲食店ユニオンで交渉すれば失業手当を受給できる!!

失業すると受け取ることができる雇用保険の失業手当ですが、離職理由を「自己都合退職」と判断されてしまうと2ヶ月間の「給付制限期間」が課され、その間失業手当を受給することができません。離職理由の判断は、会社が発行する「離職票」にどのような記載がされているかによってまずなされるため、この離職票に会社がどのような記載をするかが非常に重要です。 ◆会社都合退職とさせることで円滑な失業手当の受給を 某飲食店で

1月9日(土)・1月10日(日)、新型コロナウイルス関連労働相談ホットラインを開催します!

外出自粛要請の影響により、飲食店の経営困難が深刻化し、シフトカットや解雇・雇い止めが広がっています。飲食店ユニオンにも、「シフトがカットされたが補償がなされず収入が大幅に減少している」、「店舗閉鎖に伴い解雇されそう」などという労働相談が相次いでいます。また、今週中には緊急事態宣言が出される可能性もあり、今後飲食店労働者の困難はますます広がっていくと思われます。 そこで飲食店ユニオンは、1月9日13

飲食店ユニオン

ADDRESS

〒170-0005 

東京都豊島区南大塚2-33-10

東京労働会館5F 公共一般労組内

MAIL / restaurant.workers.union@gmail.com

TEL / 03-5395-5359
FAX / 03-5395-5139

カンパのお願い

​飲食店で働く方々の労働環境の改善の支援のため、カンパをよろしくお願いいたします。

Contact

いつでもご相談ください。留守の際は、留守電にお名前と連絡先を入れてください。折り返し連絡します。

Blog

飲食店ユニオンの活動報告をブログ(別サイト)にあげていますので、是非ご覧ください。

労働相談フォーム

労働相談の場合は、

下記のフォームもお使いください。

FIND​ US
  • Twitter

・JR山手線「大塚」駅 南口徒歩 5分
・都電荒川線「大塚駅前」 南口徒歩5分
・地下鉄丸ノ内線「新大塚」駅 北へ徒歩8分

© 飲食店ユニオン all rights reserved.